Pepperアプリ開発インターンシップ 東北大学ヤマダさん

1. はじめに

宮城の大学からインターン生として参加したヤマダです。
現在大学では音声に関係する研究に取り組んでいます。

2. インターンシップに参加した理由

現在私は大学の研究室では音声について研究していて、
またサークル活動ではロボットの作成を行っています。

その2点が今私の中でアツい!という感じでした。

その2点の興味のある分野で何か出来ないかと調べていたら、isana.netさんを見つけ、
今後どんどん使われるであろう対話インターフェースであるPepperのアプリケーションの開発が出来るとあったため応募しました。

3. インターンシップでの課題

Pepperを使った目覚まし秘書さんアプリケーションを作成しました。

うん、可愛い秘書さんだ。

その機能としては

  • ユーザの設定した時間にPepperが心地の良い音楽をWeb上から適当にストリーミング再生をしていい気持ちで起こす手助けをする 
  • Google Calendarからその日のスケジュールを取得し、その日1日何をすべきか教えてくれる 

というものです。
なぜこの様なテーマにしたかと言うと、

一人暮らしをしていて朝が苦手というとことと、
朝に誰かの声がないと寂しい(笑)

ということに気付いたからです。

開発の話に移りますが、
Pepperアプリケーションの開発は ChoregrapheというIDEでPythonを使い行います。

赤くなってる部分はエラーを吐いているところです…直さなきゃ… 

開発は非常に楽しいもので、

◯◯機能だったり××機能
(音声認識だったり発話機能、画像認識…いっぱいありすぎて挙げられません!)

を矢印でつないで…
プログラミング初心者にも優しい作りで童心に返って作成できました!

多くのセンサや内部のトリガーを組み合わせて更に複雑な動きも作れるので
Pepperアプリケーション開発、なかなか奥が深いと感じました。

少し失敗したなと思った点や苦戦した点があり
私の作るアプリケーションは基本WebAPIを叩き実行するものが多く、
それの起動トリガーにセンサだったりを使うという、
Pepperならではの機能を使い切る事が出来なかったなと思いました。

そしてPythonは非常にライブラリが豊富で何でも出来るかなと思っていたのですが、
PC上で動いているスクリプトがPepperでは動かないという事が多々ありました

…難しい…

そして時間があれば
起きた時の声や表情から話す内容を変えたり、
人間っぽさを持たせられるようにしたかったです。
実装力、そしてアイデア力を磨くのです…磨くのです…

 

4. インターンシップを終えて

Pepperのアプリケーション開発という非常に貴重な経験が出来ました。
まだ一般的にまだ使われていないので調べても出ないことが多々あり、
手探りで進めていくことがメインで大変でした。

ですがメンターさんに質問すると、
こういうアプローチでいけばいいんじゃないか?
など多くのアドバイスをいただけて非常に助かりました。

このインターンシップを通して、

自分が今何をすべきかという課題発見の力
そこからどのように解決していくかを考える解決する力

が身についたと思っています。

そして一緒に参加したインターン生と共に教えたり教えられたりと
非常に充実した5日間でした。

お食事などにも連れて行っていただき、
そこでisana.netさんの事だったり、この業界のことだったり学びについてなど
様々なお話を聞くことができました。

事前の打ち合わせの時から非常に良くしていただけて、
isana.netの皆様には心から感謝しています。

5. 最後に

インターンシップのヤマダさんの体験記をブログとして掲載させて頂きました。

様々なwebAPIをたたくpepperアプリをつくっていただきました。
正直初めてpepperを触って5日間で、これだけのものを作って帰る学生がいるとは思いませんでした。

想定していた通りのものができなかった部分もあるかと思いますが、
そこは本人もおっしゃるように今後磨いていきましょう!

この経験を今後の勉強、仕事などにいかしていただければ幸いです。
isana.netでは積極的にインターンシップを受け入れ中です。

ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
詳細・お問い合せはこちら

イサナドットネット全員でお待ちしております。

Pepperアプリ開発インターンシップ 岡山大学ヤスダさん

1. はじめに

こんにちは。
岡山の大学院からきたヤスダと申します。
研究室ではグリッドコンピューティングに関する研究をしています。

2. インターンシップに参加した理由

「面白そうだったから」のひとことにつきます。

これまで1日インターンにしか参加したことがなかったので、
何か面白そうな内容のものを探していました。

そんなとき、「Pepperのアプリ製作」といういかにも面白そうなインターンシップを見つけ、
前からロボットに興味があったということもあり、すぐに応募しました。

3. インターンシップでの課題

今回参加したインターンシップでは「Pepperのアプリを作る」ということしか決まっていなかったため、
まず「製作するアプリをどういうものにするか?」というところで悩みました。

Pepperに関しては何も知りませんでしたが、
せっかくPepperのようなヒューマノイドに何かさせるのであれば、
家庭にやってきたときに一緒に遊べた方が楽しいなと考えました。

そこでわたしは「めちゃめちゃイケてる」という番組内の
「メチャギントン」というゲームのアプリを開発することにしました。

「メチャギントン」はあらゆる言葉に対する擬音語を答えていくゲームですが、
現状のPepperは基本的に事前に登録されている言葉しか聞き取ることができないことや、
音声認識の精度があまり良くないといった点がこのゲームでは課題になります。

そのため、出題する単語を絞るためにお題を設けたり、
擬音語を1度言うだけにしたりとゲームの雰囲気を大分変えることになりました。

インターンシップが始まる前から
「メチャギントンをPepperにやらせるのは難しいと思う」と言われていましたが、
今回実際に難しいアプリに挑戦してよかったと思っています。

やはり、Pepperに何ができて何ができないのかよく分からない状況でしたが、
実際に作りこんでいく中でできることとできないことを判断しながら進めることができて凄く勉強になったと感じています。

事前にバーチャルロボットでテストをさせていたとしても実機にも限界があり、
時間との兼ね合いで機能を簡略化せざるを得ない場面に何度も出会いました。

しかし、自分で調べるだけではわからないところも、
他のインターン生やメンターの方に助けていただきなんとか解決することができました。

 

4. インターンシップを終えて

わたしはアプリ開発自体がほぼ初めてという状況で参加したため、
思った動作をなかなか行わせることができず苦労しました。
また、5日間という限られた時間の中で完成させなければならなかったため、
進捗状況に応じて機能を簡単にせざるを得ない状況にもなりました。

ただ、自分が作ったプログラムでPepperが実際に動いているのを見ると
達成感楽しさを感じることができました。

最初は単なる興味本位で参加したインターンシップでしたが、5日間試行錯誤しながらも
自分で考え抜いて1つのものを作り上げたことで
アプリ製作の面白さに気づけ、
とても充実したものとなりました。

このような経験ができたのも、isana.netの皆様や他のインターン生の方々のおかげです。

最後の成果発表では、 データベース周りの利用や設定からすぐにパラメータをいじれるようにしたほうが良いなどの指摘をいただきましたが、
とりあえず一通り最後までちゃんと動いてよかったなというのが率直な感想です。

インターンシップの5日間と長期にわたる事前学習中のアドバイスなど、
本当にありがとうございました。

5. 最後に

インターンシップのヤスダさんの体験記をブログとして掲載させて頂きました。

最初にやりとりをしていたときは、あまり開発経験はないのかなといった印象でした。
その中で、実現が難しそうな「人とやりとりするゲーム」に挑戦していただきました。

実際に作り始めると苦戦していた部分もありましたが、
解決方法を模索して真剣に課題に取り組んでいただき、
最終的にはうまく調整して完成形まで仕上げていただきました。

この経験を今後の勉強、仕事などにいかしていただければ幸いです。
isana.netでは積極的にインターンシップを受け入れ中です。

ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
詳細・お問い合せはこちら

イサナドットネット全員でお待ちしております。

Pepperアプリ開発インターンシップ 岡山大学クハラさん

1. はじめに

岡山県の大学院からインターン生として参加したクハラです。
大学院では、インターネットに繋いでいるPCの計算能力を利用した大規模並列計算システムについて研究し、
そのシステムのWebアプリケーション化を行っています。

2. インターンシップに参加した理由

インターンシップの内容が内容だったため、
「ロボットが実際に動くアプリケーション」というものに非常に興味をそそられた、
という点が一つ。

インターンシップ中に使用するChoregrapheを使いこなすにはPythonの知識も必要だとお聞きしたので、
自身のスキルアップの一環として、使える言語を増やそうと思った
のが一つ。

そして、インターンシップを通して、
実際の開発現場の空気を感じたいと思った事
が主な理由です。

3. インターンシップでの課題

今回のインターンシップにおいて、私は
「Pepperの◯◯な話」というテーマ
でアプリを作り始めました。

インターンシップ前の打ち合わせでは、
「Pepperのモーションやイントネーションを人間に近づけ、色々な話をさせる」という内容でした。

開始前にちょっとした会話を行い、
タッチパネルで話を選択し、
それについてPepperが1分程度話してくれる、

というものです。

しかし、実際に作り始めると、モーションどころかイントネーションを人間に近づけるのが想像以上に大変で、
メインの「◯◯な話」部分を全て作成するだけでほぼ丸2日かかりました。

上図は「ゾッとする話」を構成するボックスの中身です。
イントネーションや会話スピード・モーション等を細く設定するために一文一文区切っています。

たった1〜2分の話を作成するだけもこれだけの作業が必要になります。

Pepperの声がどう聞こえるのかを逐一チェックできるCitrus Rams
よしもとロボット研究所が提供している50種類のモーションを扱える外部ライブラリを利用しても、
とても大変な作業になりました。

 

4. インターンシップを終えて

今回初めて触れるPythonやChoregraphe、
そして初めての5日間に渡るインターンシップだったので、
開始直後は不安でいっぱいでした。

事前学習があったとはいえ、バーチャルロボットの動きと実際の動きの違い、
そして事前学習では試す事ができなかったPepperの発音調整等、
自身の考えたアプリケーションを形にするために多くの壁がありました。

しかし、一緒にインターンシップに臨む事となったメンバー同士の助け合いや、
インターンシップのメンターの方々による丁寧なサポート、
そして社内の「課題に打ち込みやすい」環境のお陰で、
実際に開発現場の空気を感じながらも自身の課題のアプリケーションを完成させる事ができました。

Pepper用のアプリケーションは実機が無ければどうしても試す事ができない部分
(タブレットが関連する動作や、実際にPepperに喋らせる事)があるため、
アプリケーション製作を行う機会が殆どありませんが、いつの日か機会があれば、またやってみたいと思います。

最後に、今回のインターンシップにおいて、
メンターを務めてくださった方々を始めとするisana.netの社員の皆様、
5日間ではありましたが、貴重な体験をさせて下さり、本当にありがとうございました。

5. 最後に

インターンシップのクハラさんの体験記をブログとして掲載させて頂きました。

pepperの「話す」、「手を動かす」という基礎的な部分の作り込みを丁寧に行っていただき、
非常にスムーズに話しをするpepperアプリを作っていただきました。

また、Citrus Ramsや外部ライブラリ等をうまく使って効率的に作業をしている姿が印象的でした。
この経験を今後の勉強、仕事などにいかしていただければ幸いです。

isana.netでは積極的にインターンシップを受け入れ中です。

ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
詳細・お問い合せはこちら

イサナドットネット全員でお待ちしております。