Pepperアプリ開発インターンシップ 東京大学KAIさん

1. はじめに

東京大学大学院からまいりました。KAIといいます。
大学はいわゆる理系ですが、ロボットとは全く関係ない選考で、コンピューターにそれほど詳しい方ではありません。
インターンシップ自体今回のisana.netが初めてです。

2. インターンシップに参加した理由

職業としてのエンジニアに憧れを抱いていました。
ただ、私自身の選考はエンジニアではないので、イメージとのギャップを補填したほうが良いんだろうとぼんやり思って、
インターンシップの応募をしました。
なのでほとんど勢いで決めた感じです。

数あるインターンシップの中でisana.netを選んだ理由としては、
会社のホームページを眺めて、社会に対してきちんとエンジニアとして良い仕事をしいそうな雰囲気が漂っていたからです笑。

正直インターンの説明会当日まで躊躇していたのですが、
訪問してみて、明るくてどことなくクリーンな感じがしたので参加を決めました。

3. インターンシップでの課題

私のインターンシップの課題は、海外からの観光客向けに各駅周辺の観光スポットや飲食店を紹介するものです。

最初に想定していた内容はAPIで天気や交通情報を取得、考慮して観光スポット等を提示するアプリケーションでしたが、
実際は時間が間に合わず、今回は自分で用意した店舗の中から対話形式でtabletに表示して情報を提供する方法に切り替えました。
アプリケーションの使用はHTMLをjQueryで書き、中の動作処理をQiMessageing JavaScriptを使用しました。

4. インターンシップを終えて

最初の2日間(いや、4日間?)は作業が進まず(特にPepper開発独特なDialogの書き方とか)、
絶望的な状況に苦しみましたが、一緒に参加したインターン生やメンターの方や他のスタッフの方に助けてもらい何とかお見せできる状態まで仕上げることができたと思います。

実習期間中はスタッフの皆さんと、毎日昼食をご一緒させていただき、
大変楽しく暖かい雰囲気の中で過ごさせていただきました。

食事をしながら仕事について深い話を聞けたことが強く印象に残っています。
振り返ってみると5日間はあっという間でした。Pepperを使った面白いアイデアがある人、
新しい技術に触れたい人にとってはすごく楽しい環境だと思います。

5. 最後に

インターンシップのKAIさんの体験記をブログとして掲載させて頂きました。

この経験を活かし、これからも勉強に励んでいただければと思います。

isana.netでは積極的にインターンシップを受け入れ中です。

ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
詳細・お問い合せはこちら

イサナドットネット全員でお待ちしております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。