VRcon for Pepper サンプルアプリを触ってみました! その1


こんにちは。

弊社では、発売当時から継続してPepperのアプリ開発を行なっています。

僕自身も約2年間開発に携わっています。

先日、アスラテック株式会社さんより、

VRcon for Pepper (以下、VRcon) のデモ環境を貸していただいたので、触ってみました!

「実際にどんなことができるのか?」を中心に見て行きたいと思います。

VRcon とは

VRcon は、 Pepper を遠隔操作することができるシステムです。

以下、公式ページの説明を引用します。

「VRcon for Pepper」は、インターネット越しにPepperを遠隔操作できるようにするシステムです。

VRcon for Pepperを組み込んで個別のロボアプリを開発することで、遠隔操作に対応したロボットソリューションを簡単に実現できます。

VRcon for Pepperでは、Pepperを遠隔で動かすだけでなく、映像や音声を使ったやり取りも可能です。オペレータの声をそのままPepperで出力できるほか、オペレータがしゃべったりキーボード入力した内容を、Pepperの声で読み上げる機能も備えています。

出典: [ロボット遠隔操作システム「VRcon for Pepper」]

人と会話をしたり、映像を挿入したりと Pepper ができる様々なことを、

人が遠隔操作できるようですね!

Pepper と操作端末間では、WebRTCを使用しています。

弊社のリアルタイムチャットソリューション「Spika for Business」も同様の規格を使用しているので親和性が高そうです。

そのため、双方向間のやり取りが可能となっています。

これまで、弊社でも Pepper のタブレットに Web ブラウザでアクセスし、

Pepper を操作するアプリを作成したことがありますが、操作端末と Pepper が同一ネットワーク内にいることが前提となっていました。

今回、共有いただいた VRcon だと WebRTC を使い通信しているため、

お互いに異なるネットワークからでも操作することが可能となっています!

利用範囲がぐっと広がりますね。

VRcon 触ってみました

それでは、共有いただいた手順書に従って、どんなことができるのか実際に触ってみました!

動作環境は、以下のとおりに決められています。

  • Pepper for Biz
  • NAOqi OS 2.5.5
  • Choregraphe
  • Google Chrome

この順番で触っていきます!

  1. 事前準備
  2. いざ、遠隔操作!

事前準備

まずは、Pepper を遠隔操作する Web ページから Token を発行します。
Google Chrome を使い、指定の URL で VRcon Sample のテスト用 Web ページにアクセスしログインし、Token を発行しました。
 [Token 発行画面 (Webページ)]
次に、この Token を Pepper 側に設定します。
Choregraphe から、共有いただいたパッケージファイルをインストールし、
Pepper 再起動後、アプリを起動します。
管理画面にて先ほどの Token を設定します。
[Token 設定画面 (Pepperタブレット)]
すると、自動的にアプリが終了し設定されます。
先ほどの Web ページを再度表示すると、Token を設定した Pepper の Head ID が自動的に反映されました。
これで、準備完了です。

次回は、実際に Web ブラウザから Pepper を遠隔操作してみます!