【インターンシップでの開発アプリ紹介】レシピ紹介アプリ for Pepper

自己紹介

こんにちは。
マレーシア出身のLiyana Nurlisaです。
全部ファーストネームで、姓はないです。長いですから、皆にリサと呼ばれています。
昨年鳥取大学を卒業して、今は中学校で働いています。
IT業界に興味があり、休暇を利用してインターンシップに参加しました。
『英会話』と『ものづくり』と『ロボット』が好きです。

 

インターンシップに参加した理由

今、中学校で英語を教える仕事をしていますが、大学生時代にエンジニアリングの専攻で、そういうことに携わる仕事をしたいと思いました。また、プログラミングがずっと気になっていて、今年の5月から自分でcssとhtmlの勉強を始めました。
勉強を始めると、「プログラミングって面白い!なんでもできる!」と感じました。

「ロボット インターンシップ」で検索した際に、イサナドットネットの鳥取営業所を見つけました。
アプリをつくりたいと思ったので、インターンシップに応募して、4日間でPepperのアプリ作成をすることになりました。

 

インターンシップでの課題内容

普段、自分で料理をしていますが、時々使い切れない材料が出てきます。また、必要ない材料でも安いという理由で『つい、食材を買ってしまった』ということもありました。
その余ったり、つい買ってしまった材料をどう使うか迷ってしまったり、使い忘れたりして、結局、その材料を捨てるしかない場合もありました。(今は、材料の無駄がならないように頑張っています!)

このもったいないことを避けるために、Pepperを使い、レシピを紹介するアプリを考えました。一人暮らし、または、独身の方をターゲットにしました。特に大学生に注目してアプリを作りました。このアプリを使ったら、材料の無駄を減らせるので、お金の節約になりますし、美味しい料理も食べられると思います。

このアプリでは、Pepperは先生役になって、クッキングレッスンをします。
家だけでなく、料理教室でも活躍できると思います。

 

インターンシップを終わっての感想

20170810_intern_lisa_2

インターンシップの説明聞いて、普段は5日間での実施との事ですが、私のスケジュールが厳しくて、4日間しかできませんでした。それでも、受けさせていただいてありがとうございます。

Pepperのアプリ作りは、とても面白くて、時間に気づかない時もありました。
4日間でできることに限りがあり、もっと詳しいアプリを作ることができなくて残念だなと思いましたが、アプリを自分で作ることができて、本当に嬉しかったです。

 

メンターからのコメント

インターンシップのリサさんの体験記をブログとして掲載させていただきました。

リサさんは4日間という短いインターンシップの期間の中で、少しでもアプリを良くしようと調整を行う姿勢がとても印象的でした。
開発中、Choregraphe内のボックスを綺麗に整理されていたので、修正点が見つかった時もすぐに修正ができました。コードの整理は開発をする時にとても大切なことなので自分も見習わないといけないなと感じました。

 


イサナドットネットでは積極的にインターンシップを受け入れ中です!
ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
スタッフ全員でお待ちしております!

詳細・お問い合せはこちら「isana.net Internship

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。