本日発売!Google HomeからSpikaでスマートにメッセージ送信

スマートスピーカー来日

こんにちは。新人エンジニアのsobachaです。

スマートスピーカー「Google Home」が本日(2017年10月6日)発売となりました!
IT業界を中心に話題沸騰中のGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーがついに日本に!!
こちらを皮切りに、AIによる会話型UIは爆発的に広がりを見せる事でしょう。
そこで、新しもの好きな弊社社員が朝一で家電量販店に並びGETしてきました。

Image uploaded from iOS
詳細はこちら→ Google Home

せっかく新しいデバイスが手に入ったということで,早速,弊社が提供するチャットソリューションSpika For Business(以下,Spika)と連携し,ハンズフリーでチャットができるようにしてみました。

 

そもそもスマートスピーカーって何?

最初に,スマートスピーカーって何?という方のためにスマートスピーカーについてご紹介します。
スマートスピーカーとは,AIを搭載したスピーカーのことです。もっと言うと,ユーザが音声アシスタントを利用するためのインターフェースのことです。
音声アシスタントで有名なのはiPhoneに搭載されているSiriと「OK,Google!」でおなじみのGoogle Assistantだと思います。

例えば,Google Assistantに「OK, Google. 東京駅までの行き方教えて」と言うと,Google mapsで検索してくれて,頼めば音声で誘導してくれたりします。まさに,音声で人をアシストするアシスタントです。これを家などで手軽に利用するためのスピーカーがスマートスピーカーとなります。

スマートスピーカーの便利なところは,いつでも話しかければ動いてくれるところです。話しかける(例えば,Google Homeだと「OK, Google」という)と起動して,その後に「◯◯で☓☓して」と言うと,◯◯というアクションを使って☓☓を実行して,様々な情報へのアクセスをアシストしてくれます。

 

Google HomeとSpika For Businessの連携

 

GoogleHome_spika

今回は,Google Homeから弊社が提供しているチャットソリューションSpikaにメッセージを送信することが出来るようにしてみました!

例えば,ユーザがGoogle Homeに「太郎にこれ見たら電話してってメッセージを送って」と言うと,送りたい「これ見たら電話して」というメッセージをSpikaに送信することが出来ます。
実際にGoogle Homeからメッセージ送る際の処理の流れは下の図のようになります。

 

Google Homeからメッセージ送信処理の流れ

まず,メッセージを送信したい人がGoogle Homeに「太郎にこれ見たら電話してってメッセージ送って」と言ったとします。すると,以下のように処理が行われます。

 

gh_spika_image.png
Google Homeからspikaへのメッセージ送信処理の流れ

 

  1. Google Homeが音声を聞き取ってテキスト化する
  2. その内容をGoogleが提供するapi.aiという自然言語解析のサービスに投げる
  3. api.aiで言語解析をする
  4. 解析が終わったらSpikaにメッセージの内容を送信する
  5. Spikaでメッセージの送信処理を行う
  6. Spikaからapi.aiに送信の成功/失敗を返す
  7. そのレスポンスに応じてユーザへの返答を決める
  8. Google Homeで発話する

 

Google Homeで動作するアプリケーションは,アプリではなくアクションと呼ばれます。あくまでGoogle Homeの一つの動作という考え方です。Actions on Googleとapi.aiというGoogleが提供しているサービスを使って簡単にアクションを作成することができます。

詳しくはこちら→ Google Homeとapi.aiの連携

今回は,api.aiとSpikaをWebhookを使って繋げることで,メッセージのやりとりをしています。メッセージ送信に的を絞って紹介しましたが,逆にSpikaで受信したメッセージをGoogle Homeで読み上げるということも可能で、ハンズフリーでメッセージの送受信をすることができます。
例えば,以下のような感じで,

ユーザ「OK, google,技術部(グループ名)の新着メッセージある?」
Google Home「はい,技術部には新着メッセージが◯件あります。読み上げますか?」
ユーザ「うん。お願い」
Google Home「わかりました。技術部のメッセージは,8時20分,△△さんから[メッセージ内容]というメッセージ,8時25分….(略)」

みたいなやりとりを作ることも可能です。

 

おわりに

今回は,日本語対応したGoogle Homeをいち早く手に入れたので,Google Homeと弊社が提供するチャットソリューションSpika For Businessを連携させ,メッセージ送信ができるようにしました。

Google Homeに「◯◯って送っといて!」と言ったら◯◯の部分だけ送ってくれます。

状況によっては声を出しにくい場合も多々あるので,チャットとスマートスピーカーを組み合わせて使えたら更に便利になりますね。

SiriやGoogle Assistantを使う人はまだまだ少ないですが,使ってみると非常に楽なので,今後は使う人が増えることが予想されます。キーボードで打ってチャットするなんて古い!そんな時代ももうすぐそこです。

今後もSpikaとスマートスピーカーの連携は積極的に行う予定なので、またレポートしていきたいと思います!

 


「Spika for Business」を使用してみませんか?
ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。

詳細・お問い合せはこちら「Spika for Business

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。