【インターンシップでの開発アプリ紹介】病院の受付業務アプリ for Pepper アサイさん

自己紹介

岡山大学からきました。アサイと申します。

大学では医療機器について学んでおり、今は大学院で医療財政について勉強しています。プログラミングは全くの初心者です。

 

インターンシップに参加した理由

元々は医療機器を扱うことを専門とするクリニカルエンジニアになるための勉強をしていました。しかし、どんどん自動化が進む中で、機械操作のみを仕事とするより、自動化そのものに関わりたいと思い、IT技術に興味を持つようになりました。

イサナドットネットはプログラミング未経験でもOK、医療系企業とのコラボレーションもあるとのことだったので、医療機器に向き合ってきた自身の経験を活かせるかもと期待して入社を決めました。入社前に会社の雰囲気を知っておこうと思い、今回のインターンシップに参加しました。

asai_05

 

インターンシップでの課題内容

私は「医療機関の受付業務をするPepperのアプリ」を作りました。

コレグラフやpythonは今まで触ったこともなかったので、わからないことだらけでとても苦戦しましたが、社員の皆様や一緒にインターンシップに取り組んだ仲間に助けられながら作業しました。

実際にひとりで作業できたのはほんの一部分だけでしたが、ヘタレ気質ですぐ諦めモードに入ってしまう私が最後まで取り組めたのは本当に良かったなと思います。

 

インターンシップを終わっての感想

ただただ感謝です。
自分の力量に見合わない物を作りたいと思ってしまったせいで周りの方に多大な迷惑をかけてしまいました。それでも最後まで助けてくださり、なんとか発表まで終えることができました。

作ってみたものの動かないコードや、フリーズするPC、動かないPepperなど、数々のトラブルに見舞われました。作業中には何度「おのれペッパーめ」と思ったかしれません。Touchセンサーに反応しない頭をしばいてごめんなさい、Pepperくん。
メンターさん、お仕事の邪魔をたくさんしてしまったにもかかわらず、いつもきちんとアドバイスを下さってありがとうございました。

最後のHololensの体験も本当に楽しかったです。臨床実習の時にコレがあれば絶対勉強になって良かったのに!!と思いました。

インターン中Pepperと格闘する横でお仕事の様子をチラっとみていましたが、会社の雰囲気が本当に良く、社員の皆さん素敵な方ばかりでした。
歓迎会の時の社長さんのお話もとっても為になりました。物事をあるがままに受け流して生きている今の自分を変えていけるように、もっとたくさんのことを知って、自分の意見を積極的に発信していけるようになれるよう、これからがんばっていきます。
社員の方と一緒に毎日オフィス周辺のオシャレで美味しいご飯屋さんでお昼ご飯を食べに行くのもとても楽しかったです。

たった5日間の短い間ではありましたが、本当にありがとうございました。

 

メンターからのコメント


インターンシップお疲れ様でした。

アサイさんは難しいことに挑戦された分、悩むことが多かったと思います。
その中で、できることを確実に進め、仲間と協力しながら作り上げることは実際の仕事にも通じることであり、アサイさんの自分にできる最善を尽くす姿勢は素晴らしかったです。
また、今まで学んできたことからアプリのテーマを決めており、経験をしっかりと自分の糧にされているのだと感じました。
この経験も活かして、できることをどんどん増やしてみてください!

 


イサナドットネットでは積極的にインターンシップを受け入れ中です!
ご興味持った方はisana.netまでお問い合わせ下さい。
スタッフ全員でお待ちしております!

詳細・お問い合せはこちら「isana.net Internship

 


isana.net はこちらから >